読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お引越し

ブログを諸事情でお引越しすることにしました。 URLはツイートにてご確認ください。 ここはとても楽しかったです。 ありがとう。

傷口が悪化する前に消毒と手当をしよう

私が私なりにコツコツと積み上げて来た努力を三度の長文ラインに分けてぶち壊してくれた元友人がいます。 元とつけたのはもう私から何もかもの接触を昨夜やっと絶ったからです。 「変わる気がないうちは会わなくてもいい」と言いながらFacebookにリアクショ…

見られているという自覚がない

日記を書きます。 今日は友人がつくしの花粉を撒き散らしている動画を送りつけてきたので、「つくし…探さねば……」となり、散歩をしました。 今日はとても穏やかな晴れで泣きそうになっていたのですが、友人のおかげで春をたくさん見つけられました。 朝日の…

識別するのは目の前のあなただけでいいの

最近、新しい眼鏡を手に入れました。 今かけている眼鏡が明らかに見えにくくなっていて、あれ?と思っていたのです。 視力を測ってもらったら、それぞれ0.1、0.1以下でした。 私は運転をする時と人と待ち合わせをする時、あと旅先以外では裸眼です。 もちろ…

きらきら星

一週間も空いてしまった。 ブログが書けないときはヤバイ時。 「結構限界きてるんだよ?」と教わる日々が続いている。 正直何も思い浮かんでこない。 日々は砂のようにサラサラと消えていくな、と思う。 今週はいろんな人に会ったのにもう記憶が遠い。 私は…

旅先からあなたへ

タイトルの通り、私は今地元を離れて一泊中です。 寝息と海の波の音が部屋の中で静かに揺れています。 相変わらず眠りに落ちるのが下手な私は置いてけぼりを食らって電気の消された部屋でただ静かにこれを打ち込んでいるわけです。 たくさんのシャケを見まし…

どういった仕草が一番君に伝わるのか

これしか出来ないと思うのではなくて、これなら出来ると思うのがいいよ、と教わった。 君は何もしないんじゃないし出来ないんじゃないよ、と言われた。 私はそれがとても嬉しくてその日から1日の中に目標を立てることにした。 まず、やってみることにした。…

鼻歌を口ずさめばなんだって出来る気がしてくる

とてもとても久しぶりに歌を歌いました。 しかも複数の人前でアカペラでいきなり歌うということをしてしまいました。 素直に言うと、とても楽しかったです。 私が物心ついて最初に飛びつくように好きになったのは歌だったのです。 歌が好きで合唱部にも入っ…

世の中には色んなタグと承認欲求が存在していておかしいね

春らしくなってきましたね。 冬に続き私と相性最悪の季節です。 冬が何も頭が働かないとするならば、春は加速しすぎて行き場がどこにも無くなるような季節。 主治医も言っていたよ。春が一番メンタルを崩す人が多いんだって。 単純に私は孤独なのだろうな。 …

寝ぼけ眼でうつらうつらと夢を見ていたよ

変なスイッチが入ってしまっている。 何かしなきゃ、何かやらなきゃ、出来る今のうちに、何かをしなくちゃという焦り。 完全に脳内が覚醒しているので薬で沈めた。 あとは時間の経過を待って眠りに就くのを待つだけなのだけれどそれまでがしんどい。 何に狙…

私の頭はお花畑

「ほら、私って単純だから」ってふと思った。 驚くほどバカ単純だ。 なんだかんだ言って、コロリと幸せな顔で笑う時がある。 それはたった数時間のことなのだけれど、それだけでももう幸せだから良いのだ。 ああ、馬鹿だなぁと思う。 馬鹿だなぁと思いながら…

結論はいつだって単純明快に出せるものだよ

おやすみ、と眠りに落ちてから30分で目が覚めた。最早これは中途覚醒でもない。 ただの仮眠だ。それからずっと眠れていないのだから困ってしまうね。 過敏性が顕著。薬の切り替わりの時期だから致し方ないのだけれど早く金曜日になって欲しい。 あ、最近はベ…

雑記:思った事をありのまま書いていたらどうなるのだろうね

見た目が大体の印象を決めてしまうというのはとても悲しいことだと昔から思っている。 目から入って来る情報はそれだけ多く、致し方ないし、所詮他人の感じたことなど此方側は変えることもできないのでどうしようもないのだけれど。 それでもやっぱり、悲し…

曇り-貴方とは親しくなれないけど言いたいことはわかる

眠気待ちである。 今日は本当に荒れ狂っていた。何も効かなかった。何もかもダメ。 雑記を書いた後、フローリングの上で寝ていた。フローリングの居心地が良すぎる。 硬い。冷たい。2時間以内に目を覚ます。不思議と体も痛まない。 流石に夜はベッドで眠らな…

雑記:エネルギーを言語に変えているだけ

感情の波が高すぎる。 酷い砂嵐がずっと巻き起こっている。 心の中で暴れ出した私を、私自身が寝技で必死に抑え込んでいるような状態。 それでも相手の私は諦めずに寝技を解こうとしてくる。ひたすら場外に出ようとする。 こういう時はひたすら言葉を吐き出…

雨-そんなんだったら、自業自得よね

前世が来世を構築するシステムという面白いブログ内容を読んだ。期限は一年。 さて、前世の私は何を望んでこんな風に構築したのだろう。 恐らく前世の私は本好きの詩書きにでもなりたかったんではなかろうか。残念ながら健全で健康体だったんだろうなぁ。し…

曇り-しぶとさだけが私の強みです

日記と言ってもこれと言って何もない。 ベッドで無理やりにでも眠るようにしている。 薬の力を借りて極限まで眠くなったらベッドに駆け込んでいる。有難いのは中途覚醒が無いこと。すやりと眠っている。 フローリングで眠るより体に負担はかからない。正直ベ…

晴れ-叱られた

奇遇にも同じ疾患を持っている友人がいる。 私を姐さんと呼んでくる素直で優しい人だ。 そんな友人に沢山叱られた。 「どうしてもっと自分本位になってあげられないんですか!相手の状態ばかり考えていたらいつまでも頼れないじゃないですか!」 「姐さん、…

雑記:取り留めもないこと

私とその人(前の記事参照)は同じ薬を服用しているので、離脱症状がどんなものか調べたりしていたらこんな時間になった。なかなかだ。 これと戦いながら日常を送るのか。きついな。そしてそのうち私の身にも起きることだ。厳しいなぁ。薬って嫌なものだ。とて…

雨のち曇り-最高に嬉しい出来事があったよ

ずっと近くで見てきた人の抗うつ剤が一先ずおしまいとなった。約2年近く。本人にとっては地獄だったであろう症状の出始めの頃と今の違いが嬉しかった。このまま再発のない日々を願っているし見守ろう。その間にその人は色んなものと戦ったし、色んな選択をし…

誰でも良いのではなく、貴方なのだ

久々に泣いた。子供みたいに嗚咽して泣いた。 時折笑った。馬鹿みたいだ、と。 それでも、溜めに溜め込んだんだものを躊躇わずに吐き出した。一度吐いたら止まらなかった。 1人ぐるぐると答えの未だ見えない問題に直面していて、正直参っていた。 どの道を進…

私には出来ないだろうな

幼馴染の赤子に会ってきた。 もうすぐ1ヶ月を迎える赤子はすくすくと育っていたし、幼馴染は1ヶ月で体型を戻していた。 赤子を見ていると無性に眠くなる。 どんなに泣いていても眠くなってしまう。 私はきっと親になったら子供のぐずりを聞き逃して爆睡して…

いつだって騒がしくて落ち着きがない

いきなりなのだけれど、私のPTSDは非常に根深いんだと今更になって自覚した。 殺される夢、殺す夢、共に逃げてた仲間だったはずの人達にいきなり追い掛けられて殺されかける夢、誰もいない街の中をただ1人彷徨い続ける夢、逃げても逃げても何処までも追い付…

鬼のような顔でこっちに来ないで

4時半。目が覚めてしまった。部屋の中にはまだヒーターの温もりが残ったままだった。 何がどうしてしまったのか目を覚ました。それまではやたらとリアルな夢を見ていた。夢から離れたいなと思ったら目覚めてしまった。次の夢に行かせてくれればよかったのに…

曇り-愛を書き散らしたいだけ

youtu.be Train勝手に貼り付けマンになる。俺はなる。なぜなら好きだからだ。このためだけにPCから書き込みをしようとしているんだから私は完全にバカなのだ。 正直未だにはてなと仲良くなれていない。色々と面倒臭いな思いながら使っている。何故これだけブ…

曇り-沈黙もまた一つの会話としよう

この所、ペースが乱れていた。 人との距離間も。 私はあまり多く人と連絡を取るタイプではない。たまに連絡を取り合ったり、文通をして互いをひっそりと知るくらいでいい。 その線引きがうまくいかなかったために1人の人を傷つけてしまった事がとても悔しか…

雪-奇跡はこの目で見た

昨夜はオセロをした。 Twitterで対局相手を招待できるやつを。 あるお相手と一局やったら序盤で何がどうなったか知らないが私が全滅した。 盤面には綺麗な白だけが残っていた。 なんだこれ…!?となったまま笑いが止まらなくなった。 なのでタイトルは昨夜の…

晴れ-いつまでもくだらない話をしていよう

飲み会をした。グループ通話で。 あっさりと昼間に約束が決まって、グループ通話をするのは初めてのメンツだったのに何だか当たり前のように会話が進んでいった。 3時間が1時間のように過ぎ去ってしまった。 それぞれ生きている環境が違う。考えていることも…

続雪-君と僕の今は違うからもうやめよう

普通に日記を書く。フリック入力で。 あれは半分以上私信だ。久々に身に起きていないことを書いてみたらああなった。それだけの話。今私には身に起きていない話を書くほどの余力はない。想像力も語彙もない。終わり。 1日経って落ち着くかと思えば全く落ち着…

雪-どうでもいいような昔話を繰り返している

改札口にて落ち合おうと約束をした。 雑踏の音をイヤホンで遮断しているため声をかけられても普通の相手なら気づけない。それでも君はいつだって何故か存在感ありげに目の前に現れるので声をかけられずとも気づけてしまう。 僕が待っていたところで君は「お…

雪-Hey,Soul Sister

タイトルは大好きなTrainから。 今日は色々あって一度プスンとエネルギー切れを起こしたので過去の優しい記憶に縋ってこの曲をタイトルにする。 こんな愛され方最高すぎるでしょ。 兎にも角にも面倒クセェなという日。 私はあまり気が長い方ではないのだと思…

雪-必要かどうかは私が決める

すこーんと寝た。寝るに寝た。 久々にスイッチが切れた。 久々にスイッチが切れるまで人と話したり過去を思い出したり考えたりした。 最近よく「権利」について考える。 例えば誰かに好意を提示されたとする。その人は受け取ってほしいだろう。 基本的に人の…

続:晴れ-私を惹きつけて離さないもの

どちゃくそ重い話を投下してしまったので軽めのものも置いておこう。 あの話だけ読んだら人がどんよりしちゃうわ!ってなりました。宜しくない。最近私の心を掴んで離さないのが山田うどん。 埼玉県民のソウルフードらしい。 紹介してくれた人間がとにかく愛…

晴れ-それ、正解なのよ。

今日は男性2人からお前は結婚できそうにないコメントをいただきました。うける。 これ、パワーありすぎる、タラレバ娘。 そして洗い物をしながらぼんやりと考えていたのだけれど、それって当たりなんだろうなと自分でも思った。 結婚に対しての希望を失った…

曇り-あの頃のことはもういいよ

関東では雪が降ったよと連絡が来た。 そんなこちらは曇り。そして今現在我が家には灯油の備蓄がない。そして私の部屋のヒーターは灯油がギリギリである。 どうしようどうしよう!と焦ったのだけれど、 「エアコンあるじゃん」と突っ込まれてあっさりと問題は…

雪-君も私も理不尽

深夜に鳴り響いた雷は雪をもたらした。 ひたすら寒い1日だった。 吹雪いている外はやはり外出する気にならない。 こういう日はじっと堪えて手紙を書いたりするのがいい。 トイレで携帯をいじっていたら着信があって、わたわたしながらギリギリで出ることがで…

みぞれのち雪-また逢う日まで

タイトルは平井大から。 個人的にすごく思い入れの強い曲で、車を運転しながら聴けるかなぁとドキドキしながら聴いたのだけれどあっさりと聴けてしまった。 あっさりと聴けた瞬間に、時間の経過を着実に感じてほんの少し寂しくなった。 あんなにも涙を堪えて…

晴れのち雨-情報は隠せない

ネットの世界というのは芋づる式に情報が見つけられる世界なのだよ、と教わった。 おお、よくそこまで辿り着いたねと感動した。 見つけてくれた人のことはとても好きなので、さすがの腕前で!と心底笑ってしまった。私のいう「好き」というのはとても本能的…

晴れ-ヒリヒリと焼きつく

タイトルは最早頭に思いついた言葉にすることにした。元々タイトルをつけることが苦手だ。 ウェブ文芸誌にエッセイを投稿していた時も、本文は30分程度で推敲まで終わるのにタイトルで同じくらい時間を使っていたレベルに苦手。 タイトルは本文を読む前から…

雪-返歌

あなたの短歌がすごく気に入ったよと伝えたら、次はあなたの返歌の番ですよと言われてしまった。しまった。私は昔からそういうのを考えるのがすごく苦手だ。けれど、きちんと返したいくらい良い短歌だったんだ。 病院に行った。 「私は体は器でしかないと思…

晴れのち雨-144

タイトルは今日行ったボーリングの一番よかったスコアです。久々に行った割には良い数字だ!と嬉しくなりました。アベレージは136.2とかでした。 ボーリング、一時期馬鹿みたいに通ってて。 その頃は150なんて簡単に超えてたのに今ではあれは奇跡だったとし…

雨-Iceman

タイトルはDragon Ashから。 長兄はこの曲の歌詞に憧れてピアスを開けたと言うナイスな青春経験を持っている。 妹ながらにこの人単純なんだなって思った印象が強い。 冬の雨は何となく物悲しくさせる。 雪が降る日よりも気温は高く暖かいはずなのに、どうに…

曇り-ベル

今日のタイトルはBUMP OF CHICKENから。 なかなかな、具合である。 なんというか、ね、というような。 言葉が続かない感覚にずーっと襲われている。 要するに書けない。 頭の中にいくつか問題らしきものがあって、それに対する感情処理が追いついていない。 …

曇り-桜流し(修正)

タイトルは宇多田ヒカルさんから。 観念してマッサージを受けてきた。 治療で体を触られるのは何も嫌じゃないのだけれど、自由診療で自ら触られる環境というのは何故あんなにも緊張してしまうのだろう。 一気に呼吸が浅くなって、吐き気に襲われて。 マッサ…

雪-双亡亭壊すべし

タイトルは今サンデーで連載されている藤田和日郎さんの漫画より。 「うしおととら」が昨年アニメ化されて話題になりましたね。私はうしおととらが大好きです。一番好きな漫画だと思います。この人の漫画はいつだって人間臭い。今作もまた、相変わらず人間臭…

雪-けんちゃんシリーズ

こだまさんの本が届いていた。これを待っていたのだ。出版するよと情報が解禁されてからずっとずっと。 折角届いたのにドキドキしすぎてまだ読めていない。読み始めたらいずれ終わりが来るから、それが寂しくて勿体無くてまだ読み出せない。 こだまさんのブ…

曇り時々雪-七曜日

KAKATO×ユザーンのゆるさたっぷりの一曲からが今日のタイトル。この本が出るまでは生きねば、と思っていた本が18日に発売された。今日外出ついでに本屋を梯子したけれど全滅。田舎ではやはり入荷していないようだ。悔しいのでAmazon購入でグッと悲しみを堪え…

曇りときどき雪-人のセックスを笑うな

タイトルは山崎ナオコーラ著であり、映画でもあるあの作品から。映画から原作に移ったのだけれど、どちらもとても良かった。しかし原作の方が少し嫉妬心が生々しい。あの映画の永作博美さんはとっても美しくて可愛らしい。何だか放っておけなくて追いかけて…

雪-ノルウェイの森

タイトルは村上春樹著作から。とても親しい人から、ノルウェイの森に出てくる「緑ちゃんに似ているよね」と言われたことがある。何故ノルウェイの森の話になったかといえば、互いの読んでいる本の中で共通点が村上春樹だったからで。私は火事がそばで起こっ…

https://youtu.be/tg00YEETFzgリアーナのこの曲は、私の中ですごく特別な曲。苦しくてもがいて、足掻いて、どこに向かえばいいのかわからない中でただ一つ答えのように存在していた曲。今はもう殆ど聴かずに済むようになったけれど、一時期は毎日毎日何度も…