読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨-朝日を見に行こうよ

タイトルはSMAPから。新年に入ってからSMAPばかり聴いている。彼らの曲って改めて聴くとびっくりするくらい良曲ばかりなんだ。そして、この曲を歌うとしたら某事務所の中のどんなグループよりも彼らが1番しっくりくる。タイトルにした曲は発売当初から子供な…

雨だったように思う-二時間だけのバカンス

タイトルは宇多田ヒカル&椎名林檎から。タイトルの天気がなぜアバウトかというと、昨日心に決めきった過ごし方をしたら天気がわからなかったからです。 10年来の友人と久々に会話をした。10年って凄い時間だなと思いながらもあまりこれといった会話はしなか…

晴れのち雨-便箋歌

タイトルはクラムボンから。こんな歌を捧げられたら幸せだろうなと思う。 毎年恒例行事である、新年2日目に父の実家に挨拶に行くという任務を無事終えた。挨拶という名の飲み会。昼から始まり22時過ぎまで続く。誰が見ても長い。ただひたすらに食べ、飲み、…

雪-青春の瞬き

https://youtu.be/YB0eRwdZjMo 今日は椎名林檎さんの青春の瞬き。 「いつも何故か 気付いた時にはもう跡形も無い。伸ばす手の先で消え失せる物程欲しくなるんだ」 彼女はこれを淡々と歌ってしまうのだけれど、凄く胸が苦しくなるようなこと。その刹那的な感…

晴れ-Waiting For Love

https://youtu.be/cHHLHGNpCSA 今日のタイトルは大好きなAviciiから。この曲はAviciiの中でも上位に入るたまらなく好きな曲。このMVより前に観たのが犬と飼い主のやつで。リリックビデオだったのだけれどこの曲歌詞がとても美しいんです。良かったら以下を読…

雨-ススメ!

タイトルはSMAPから。昨夜大好きなアーティストが表舞台から去った。去ったというよりは、またね、のように思える。そう思うのは、ファンの勝手な妄想でしかないのだけれどやっぱり振付を変えて、一本一本の指を折りながらギュッと握りしめた後に手を開いて…

曇り-Lotus

タイトルは平沢進師匠から。この人の名前だけは師匠と名付けないといけない気がしてしまう。「千年女優」という映画が大好きで。何が何やらと話がどんどん進んでいくのだけれど、ラストのたった一言の台詞を聞くためにあるような作品だなと思う。あの台詞の…

雨-3月9日

「この先も隣でそっと微笑んで」という歌詞の柔らかさがとても好きな曲。新たな旅立ちの曲のように流行っていたけれど、このワンフレーズがあると旅立ちというよりも、共にスタートをする歌のような気がするよ。この曲が入っているアルバム「エーテル」を何…

雨-17歳のカルテ

タイトルの映画のアンジーを一目見た時に惚れてしまった。その細い体のどこにそれだけ歪な役柄を演じる力があるのかと、ドキドキしてしまった。精神病棟のお話だから人によって好き嫌いが分かれるけれど、私は大好きです。 この前も絶賛したGoogleの今年のま…

曇り-Light the sky

友人からとても良いよと勧められてApple Musicを探したらあったので即ダウンロードした。ウクレレと柔らかな少しハスキーな歌声がとても心地いいサウンド。今年のGoogleの動画に使われているのがタイトルの曲。今年のGoogleの動画めちゃくちゃいいですよ。愛…

雨-バタフライエフェクト

これが我が家に来たばかりの頃のあまりにも可哀想な頃の植物。弱ったところをガツガツと切られて水をたっぷりあげた後。 そしてこれが今の姿。着実に逞しくなっていて私は密かににんまりとしているのです。切った部分の葉がそれでも広がろうとしている辺りに…

雪-遊体離脱

ニコニコ生放送でSyrup16gのライブを生放送していた。凄い時代になってしまった…!と思いながらアンコールから観た。五十嵐隆が生きて動いている。ライブなのだから当たり前なのだけれどたったそれだけのことが嬉しくてたまらなかった。Syrup16gの曲を聴いた…

雪-正常

久しぶりにお嬢と連絡を取った。なんてことない、私は今ここに色々書いていますよという報告をしただけ。向こうも淡々とありがとう、で終わった。反応があるのならばもうそれで嬉しいから有難うってなるのがお嬢。時折電話をすると3時間近く話してしまったり…

続:雨

やたらとしみったれた事ばかり書いたので、少し立て直そう。今夜は多弁だ。 眠っていると様々な夢を見るけれど、どの夢にも共通して出てくる知人がいて夜中に目が覚めた。なんだろう?と思ったら、その知人の誕生日でびっくりしてしまった。ああ!なるほど!…

雨-忘却

久しぶりに長距離運転をした。私にしてみたら長距離なだけで、隣町までを二回往復しただけ。人を隣に乗せているとなんであんなにも肩に力が入ってしまうのか。普段1人でしかウロウロしないから怖くて仕方ない。そして私の目は光にとても弱い。だから夜道の運…

曇り

2年前に更新を止めたブログを読んだ。 見事に根暗というか何というか必死に生きてたんだね、やっとやっとだったんだねという感じ。 今は呼吸がだいぶ楽だ。やりたい事もきちんと胸の中にあって、大切にしたいものもきちんと胸の中にある。それの安堵感たるや…

続:曇り

荒んでいる。こんなにも心が悲鳴をあげて体中が助けを求めているのは何時ぶりだろう。 あまりにも長すぎた時間に何度も体中を殴られては「許してください」と誰に向けているのかわからない謝罪が溢れる。 誰も何も悪くない。 それがどれだけ残酷であるかを痛…

後悔をしている。 今更意味の無いことをただひたすらと。 どうにもならない過去を思い返してはチクチクと自分を痛めつけている。 私1人でどうにかできることならまだしも、私1人ではどうにも出来ないことだから心底馬鹿馬鹿しい。 思考の自傷行為だ。 「でも…

晴れ

3月。先日のひな祭りはひな祭りらしくなかった。ナンピザでお酒を飲むという何とも緩やかな時間を過ごして、面倒臭くなってきた酔っ払い達を横目に帰宅したくらい、ひな祭りらしくなかった。けれど眠る前に次兄の部屋を覗き飲んだら、「ほら」とセブンイレブ…

曇り

川上未映子の初期エッセイを読んだ。数ヶ月ぶりに読む本がこれでいいのだろうかと頭を抱えるくらいには取り乱した。これは決して悪い意味ではなく、刺激的すぎてである。川上未映子は長編よりもエッセイが好きで、最近はエッセイばかり読んでいる。それにし…

新たな年が再びやってきた。だからといって何がどう変わるわけでもないのに、新年早々は心新たにせねばならぬという気持ちになるのだから不思議だ。気持ち新たに、と言いながら年末年始にすっかりついてしまった飲酒癖がチビチビ続いてしまっている。何も良…

この所、真剣に悩んでいる。書けないのだ。感情を文章にすることが、とてもとても難しくなってしまったのだ。今までは寧ろこれにすがって生きていたような人間が、こんなにも呆気なく。もう、書くほどの感情が湧かないんじゃないの?とも思うけれど、書くこ…

晴れ

秋が深まってしまった。深まったどころか、去ろうとしている。何をしていたのだろうか、とぼんやり思い出してみると、案外せかせかと動き回れていたじゃないかと思う。それなりに、少しばかりは、評価してやってもいいだろう。過去の日記を読み返してみると…

晴れ

爽やかな初夏の風が気持ち良かった昨日とは違い、空が夏の青だった。肌にまとわりついてくる風は温くて、皮膚はヒリヒリと太陽に負けた。大好きな人が誕生日を迎えた昨日。大好きな人の誕生日というだけで、私は1日幸せで胸がいっぱいだった。約2週間前に終…

曇り

何てことなく、我慢も大してせず、やめられていたことがひっそりと息を吹き返して、私はまた一つ大切なあれこれを裏切ったのだろう。君が思う向上心や認知力って、実は君自身が君に対して向けるべきものじゃ無いかなって、聞いたあの日から何度も思っている…

晴れ

大型連休がやっと終わった。名残惜しい気持ちを持つ人が多いのかもしれないけれど、私はホッとしている。家の中や町の空気が、やっと静かになるのだと思うと有難い。遊ぶことは楽しいけれど、楽しいことには疲労が付き物で、楽しかったけれど溜まった疲れは…

私の地元でも緩やかに桜が咲き始めた。春なのだな、と思うが実際に目にしていないのでピンとこない。一年という時間には沢山の瞬間があって、沢山の変化がある。私にとって桜が咲くことは、どれだけ体が重くても引きずってでも見に行きたいと思える数少ない…

映像作品ばかり観ている。現実逃避の一種なのだろう。映像は視覚からダイレクトに脳に介入してくる為か夢にもリンクしている。最近の夢は悪趣味な感じ。でも、昔ほど血生臭くは無い。人の心を推測する癖をやめたい。いや、推測するまではいいのだ。そこから…

曇り

幾つも場所を作るのは、必ず誰かしらは見つけてしまうから。場所によって自身でも不思議なことに文体を変えてしまうから。何となく、書く場所の分類があるから。逃げている、と言われることは多い。それも当たりなのだろう。けれど、逃げることの何が悪いの…

曇りのち雪

ストレスやらトラウマで15%くらいの力しか出てこない日々で、久々にもう嫌だよこんな生活は棄ててしまいたいよと今にでも逃げ出してしまいそうだ。彼とは良好である。これはとても有難い事なのだけれど、時折優しすぎてその優しささえも壊してしまいたくなる…

晴れ

イベントというものが苦手だ。誕生日、クリスマス、バレンタイン…。幾つになっても苦手だ。頭の中がこんがらがる。悩んで悩んであちこちしてしまう。今年も無事に乗り切った。うまくいった。自分を褒めてやろう。自分の為に確かに必要なのだけれど、後回しに…

晴れ時々曇り

最近、自分は説明することが下手くそだということを痛感する。この感覚を伝えたいんだけれど、とあれこれ言葉を思い浮かべても何がその感覚に適しているか悩んでしまって結局曖昧な言葉になって相手を困らせている。恐らく、もっと単刀直入でいいのだろう。…

晴れ

梅雨明けをしたらしい。その割に温度は爽やかで、夜は20度を切っている。肌寒い。それにしてもやたらと眠い。なんだこの眠気は。あちこちから頂いた夏野菜で作られた夕食を美味しく食べた。おかげでお腹のお肉が逞しい。立派。夏はとにかく食べ物が美味しく…

曇り時々雨

随分と長く放置した此処を勿体無く思って動かし始めた途端にまた何か思う所があって辞めそう、という所まで想像して手を付けた。今日は湿度が高い。じとりと肌に纏わり付いてきてとてもじゃないけれど受け付けられないよ。そういう湿っぽいの、嫌いなんだ。…