読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇り

幾つも場所を作るのは、
必ず誰かしらは見つけてしまうから。
場所によって自身でも不思議なことに文体を変えてしまうから。
何となく、書く場所の分類があるから。

逃げている、と言われることは多い。
それも当たりなのだろう。
けれど、逃げることの何が悪いのか?と不思議に思う。
私には私の部屋がそれぞれあって、その部屋の雰囲気に適したものを置いている感覚なだけなのだ。

あのね、とても傷ついているよ。
過去の話だよ、過去の言葉だよ、と言われても。
広告を非表示にする