読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れ

今日は私が5年間目を背けていたことにふと気付いた日であった。5年間という莫大な時間を私はなんて過ごし方をしてしまったんだろうと思ったと同時に、そりゃあ間違っているよね、とやっと腑に落ちた感じ。

唐突だけれど、私は私が大嫌いだ。この世で1番理解できないし安心出来ないし自信もない。だからこそ、この5年間そばにいた恋人という存在は私にとって私の代わりに私を愛してくれる特別な存在で薬のようであった。けれど、自分への愛情を誰かに肩代わりさせるなど到底無理なことで、やらせるものでもないことは5年間でも感じていたし、何よりも健全じゃないことは痛感していた。それからは自分をきちんと認めてあげようとしながら彼とは接していたが、そんなにすぐに上手くいくわけもなく、時は流れて別れてしまった訳だけれど、今ようやく自分は彼に対して申し訳なかったと心から頭を下げて謝れる気がする。貴方がすることではなかったね。貴方に肩代わりさせては私達は上手くいくはず無かったのよね、と。

健全な関係は健全な精神から訪れることに今日ふと考えていて気付いてしまった。まずは私が私をきちんと愛さないことには、愛されているという気持ちすらも適切に受け取れないだろう。逆に相手も相手で自己愛が健全に育成されてなければ、私がいくら愛してもザルに水を注ぐように意味が無いだろう。愛し合うということは最低限の健全の上に成り立つ。弱点は補い合えるけど、健全な自己愛だけは補い合えない。いつかどちらかに無理が生じてしまうし、行き着く先は終わりなのだと思う。だからこそ、私がまず取り組むべきことはすり減らしにすり減らし切った自己愛の形成からで、これをきちんと育まなければ何一つ育たない。手にしたもの全てを中途半端にさせてしまうだけなのだろうなと思った。

 

生まれてからの人生の半分をすでにまともではない精神状態で生きてきてしまった訳だけれど、やはり愛されるには愛すことだし、それは自己愛にも共通しているんだなって。だってどんな人を好きになるかって、ちゃんと自己評価ができている人が素敵だから。愛されなくていいと言い切れるほど私は強くないし、出来れば愛されていたいし。それは今の私にはとても遠いものかも知れないけれど諦めるには人生まだ残りはきっと長いと信じたいし。

いつか彼に会えた時に「変わったね」と言ってもらえたら、私は最高に幸せだろうと思う。その瞬間の為に私は成長を諦めたくないなと思う。そんな単純な理由でしかないけれど、私が私を受け止められた時にはきっと誰よりも真っ先に変化したと気付いてくれるのはやっぱり5年間そばにいた人なのだろうと思うし。いつかなんて曖昧すぎて確約のない言葉なのだけれど、けれど確かな意味で私は私をきちんと愛したいな思いました。こんな私だけどね、私は私が好きだよって言えるようになったら、きっと今よりももっと強く逞しくなるし、人を愛する力も強くなるんだろうなぁと。多分そうした時にやっときちんと相手を支えるという余裕と力が溢れてくるのでしょう。そして、きちんと支え合えるのでしょう。そんな関係が良いと思う。

何かに間に合わないことはあっても、何かに対して遅いということは多分生きている限り今その瞬間から着手するしか無いから。あまり遅いことなんて無いと思いたい。タイミングが合わないことがあったとしても、それは仕方がないことだけれど。人はその時に気付いたことをその時から頑張るしかできないから。ショートカットができれば良いのだけれど、こういう大切な事に関してはショートカットは存在しないので、ただ愚直に一歩一歩進むしかない。

 

譲り受けた植物がおかしな方向に傾き始めてしまった。何故かな?と思ってよく観察したら、朝日が入ってくる方向に傾いていて、植物って好きなものに対して素直だなとびっくりした。この子たちは本当に飾る事なく真っ直ぐに好きなものへ向かって伸びていくのだな、と。なので時折鉢をクルクルと回して程よい傾きになるように変えてあげる事にした。これくらいの素直さが私には必要だ。これくらい素直で良いんだろうな。

 

明後日から雪マークがついている。どうにもこうにも宜しくない天気である。それでもどうにかこうにか前に前にやっていこう。きちんと食べて体を温めて風邪を引かぬように。私はここで元気です、と笑っていられるように。

広告を非表示にする