読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇りのち雨-やさしい気持ち

今日のタイトルはCHARA。最近はあまり聴かないのだけれど、彼女の曲は常に何処か寂しそうでぎゅっと抱きしめたくなる。逞しく強い愛を歌うんじゃなくて、いつだって一瞬で消え去ってしまいそうな愛を歌っている気がする。手をつなごうって歌詞にあるけど、ずっとつないでいられたらいいのにね。ずっとって難しいね。

 

時に嘘も必要だと思うのだけれど、大切な人になればなるほど嘘がつけない。きっとこの言葉を放ったら相手は傷つくな、とわかっていながら、私は言葉で切りつけてしまう。「でもね、これが私の思っている真実なんだ」と。ここで誤魔化したり、嘘をついたり、はぐらかしたりも出来るけれど、それをした所でなんの意味があるのだろうと思ってしまう。言えるのは、半分は信用しているから。この人はこの言葉を受け止めてくれるだけの力があると信じているから。半分は、現実はどうしようもないという現実の力を知ってしまっているから。現実を目の前にした時、言葉も感情も常に無力だ。

 

友人にブログを勧めてみたら、始めてくれたようで通知が来た。ドキドキしながら読んだ。丁寧な美しい言葉で、現状を素直に綴っていて、とても素敵だなと思った。人の文章を読む時って、なんだかとてもドキドキしてしまう。その人の内側の顔を見るようで、物陰からひっそりと伺うように読んでしまう。そして、相手の内側にある言葉に満たされてたまらなく抱きしめたくなる。丁寧で、言葉に真摯な人だと尚たまらなく抱きしめたくなる。なんだろう、宝石を一粒見つけた時のような感覚。こんなところにこんなにキラキラしているものがあるよ!って叫びたくなる。

 

世の中、向かないなって思うことが沢山ある。私は隠し事が苦手だ。例え言う必要のない事だとしても、なんだかモヤモヤしてきてしまう。隠しているつもりじゃないんだけど、あのね、ごめんね、って。素直になりすぎるのもまた問題なのだよと自分に注意をする。大人になるということはね、言うべきことと言わざるべきことをきちんと選別していくということなんだよ。でもそれが、酷く苦手で、とてつもなく難しい。建前と本音みたいなのも、どうにも駄目だ。いいじゃん、言えば。いいじゃん、それくらい聞けば。って世の中に対して沢山思う。いつまでも子供じみている。でも、建前と本音って一番無駄な時間のような気がしてしまう。コミュニケーションは大事だと思うけどそんな伺い合うことするより、素直に胸の中に飛び込みあっちゃえばもっと早くてもっと素敵なのに!って。多分そういう問題じゃないんだよね。建前と本音も、きちんと大切である理由がきっとあるんだ。私はそこにたどり着けていないだけ。私は日本で育ちながら、どうにもコミュニケーション感覚が海外寄りらしい。日本人と仲良くなるより、外国の方と親しくなる方が遥かに楽なのも確かなんだ。

 

今友人とLINEのやり取りをしていて「貴女は華があるよね」と言われたのだけれど、あったらどれだけよかったか!と思わず笑ってしまった。そしたらもっと生きやすかったかな、上手くできたかな、なんて、ね。