読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れ-Waiting For Love

https://youtu.be/cHHLHGNpCSA

今日のタイトルは大好きなAviciiから。この曲はAviciiの中でも上位に入るたまらなく好きな曲。このMVより前に観たのが犬と飼い主のやつで。リリックビデオだったのだけれどこの曲歌詞がとても美しいんです。良かったら以下を読んでみてくださいな。和訳サイトって基本ゴテゴテしてるので比較的シンプルに訳してくれている所から。

http://blog.livedoor.jp/moekolive/archives/2662619.html

このMVを観ていて思うのは、果たして最後にたどり着いた場所は?というもので。結構いろんな意見を目にするのだけれど、(例えば認知症のおじいちゃんが勝手にあちこちしてただけとかね)夫婦が永遠に離れることのない場所にたどり着いたんじゃないかなと願っています。歌詞を読むとわかるのだけれど、一週間という区切りは当たり前に過ぎ去るようでいて1日がどれだけ重いかという普段忘れそうなことを思い出させてくれる。たった1日ずつでも人は願ったり祈ったりするだけである種一つの道にたどり着くこともあるんだよって。

 

さて、すっかり年の瀬になったわけで。そんな今日は比較的体が軽かったので軽い家事をして部屋の掃除を7割した。調子がいいとどんどんとやる気になるのだけれど、ここで調子にのると翌日に一気に祟ることを私は知っている。この体で何度も覚えた。何度倒れて前日を後悔したか数えきれない。なので今日はここまでだよ?いいね?と言い聞かせて筋トレに走った。多分私は明日うまく動けないだろうと思う。やはり、体が動く日が私には空を飛べるような感覚で嬉しくてたまらなくて普段できないことを目一杯やりたくなってしまう。感覚的に言ったら、人が当たり前に過ごしている日々の感覚が月に1、2回しか無い感じ。それが私の体。私の言い渡された持病。けれど、だからこそ、動く体には喜びが満ち溢れて、やりたい事がやれる事を幸せに思う。自由に動けるってなんて奇跡みたいなんだろう!元々は動く事がとても好きな性格。あれこれ溜めるのが嫌いなので片っ端から片付けていくのがとても好き。やる事があるって最高に幸せだなと思う。だからこそ、体が動かなくなった今でも、こんな私を必要としてくれて何か頼ってくれることに喜びを感じる。人より時間はかかるけど出来ますよ、って。

 

飲み屋を経営している友人に「貴女はヤーさんに好かれやすいタイプだから絶対に夜の接客に向かない」と言われて笑った。なんだか、わからないけれどそうらしい。面倒なタイプに愛されるタイプだから店には絶対置きたくないし経営者としてうまく使いこなせないと言われた。なかなかなことを言われたんだと思うのだけれど、少しおかしかった。幼い時に、夜になると綺麗な格好をしている女性を見て素敵だなと思った事があった。しかし私にはそれは出来ないらしい。終いには、「ヤーさんの愛人として囲われるタイプだからマジで無理」とまで言われたので本当にダメなのだろう。そもそも働かせてくれともお願いしていないのだけれど。ああ、私の憧れは憧れのまま終わるみたいだよと思った日。私も面倒ごとは嫌なので、いい子にしていよう。

広告を非表示にする