読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記:エネルギーを言語に変えているだけ

感情の波が高すぎる。
酷い砂嵐がずっと巻き起こっている。
心の中で暴れ出した私を、私自身が寝技で必死に抑え込んでいるような状態。
それでも相手の私は諦めずに寝技を解こうとしてくる。ひたすら場外に出ようとする。
こういう時はひたすら言葉を吐き出しておくことが1番いい。何でもないようなことでもいいからとにかくひたすら吐き出すんだ。
こういう事に言葉を使っている時が1番虚しくもある。もったいないなって。

医師に、フローリングで寝ていたことを素直に話した。
話すかどうか悩んだけれど多分これは伝えておくべきなんだろうな、と。
医師の見解では過敏性が顕著に現れたんじゃなかろうかとのこと。私もそれには頷けた。私の神経は異常に過敏だ。
過覚醒もある。全部全部PTSDなのだから笑ってしまう。私にとってこの世界は戦場らしい。
サインバルタの薬効があまり見られないということでさようならとなった。サインバルタ、私は好きだったけどな。
飲む前まで何一つ手につかなかったけど飲み始めてからは起きるくらいは出来るようになったからね、とても感謝している薬。
けどそれもいよいよ頭打ちっぽいねということでイフェクサーが出た。はじめまして。
調べてみたけれど取り敢えず君を試してみよう。PTSDの治療薬にも使われているんだってね。
過敏性に有効とのことなので楽しみにしている。

医師に「迷路に入ったみたいな気分です」とふと言葉にしたら、「人生の迷路に入っちゃったみたいだねぇ」と言葉が返ってきた。
「長い迷路になりましたね」と笑っておいた。
11年目の春を迎えている。先生、なかなか終われなくてごめんね。どうにもこうにも色々こじらせ過ぎてから通い出した感がある。
恐らく、適切な時期に適切なカウンセリングを受けていたらまた違ったのだろうけれど、私は1番苦しんでいる時にカウンセリングを徹底的に拒んでしまったから自業自得だ。
思春期外来にしっかり通ったらよかったね。そしたら多分、先生にこんなに苦労かけなかったんだよ。
あの頃私はカウンセラーの一言一言が何もかも癪だった。わかったような口を聞いて子供扱いするなよと徹底的に拒んだ。大人への信頼を失っていたから。一言も話さずカウンセリングを終えた。結局2回しか行ってない。
先生にただ申し訳ない。貴方の治療が悪いんじゃないんです。貴方は精一杯をやってくれているんです。私がどうしようもないんです。だからお風呂で私のことで反省なんてしないでください。もっと早く治せるつもりだったと言ったけれど、仕方ないんです。ここまで自分を壊したのは私だから。諦めずに私と向き合ってくれているだけ感謝なんです。匙を投げないでいてくれて有難うございます。
最低限の薬の処方でやってくださっていることにも感謝しています。貴方が多剤投与の医師だったら私は今頃死んでいるだろうから。
貴方のところに通い出して出来るようになったこと、山ほどありますから。先生ももう若くないから、どうぞ体を大切にしていてくださいね。

医師の自殺率一位は精神科医で、最下位は産婦人科医。わかりやすいね。
貴方の方がヤバいという精神科医には何人か会った。危なそうな医師に自分のことは託せないので通うことは選ばなかった。
私の主治医は内科医のような雰囲気がある。とてもカラッとしていて、楽しそうだ。
そしてとてもサバサバしているので、寄り添って話を聞くタイプではない。人によっては冷たい印象を持たれると思う。
だから事実転院していく患者数も一定数いる。
今日、主治医は「精神科だってね、やりがいが沢山あるんだよ。元気を沢山もらうよ。産婦人科に負けないよ」と笑っていた。
この人を選んでよかったなと改めて思った通院だったよ。