読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻歌を口ずさめばなんだって出来る気がしてくる

とてもとても久しぶりに歌を歌いました。
しかも複数の人前でアカペラでいきなり歌うということをしてしまいました。
素直に言うと、とても楽しかったです。
私が物心ついて最初に飛びつくように好きになったのは歌だったのです。
歌が好きで合唱部にも入ったし、何より母がとても歌の上手い人なので褒められたい一心でした。
どうにもこうにもメンタルがうまく行かなくなって忘れていたようなのですが、私は歌うことが好きだったなぁとぼんやり思い出しました。
昔のように歌えないし、腹式呼吸も弱くなってしまったし、きっとキーも出なくなっている。
それでも、鼻歌でも歌うことが楽しいと思えた時間はとても貴重で嬉しかったです。
お聴きくださった方々には失礼いたしましたの気持ちと有難うを。
私は歌うことが好きでした。そして今もまだ好きみたいです。

この歳になってきて考え方が変わったことの一つに、人に「死ぬな」と言うことが難しくなってきたという点がある。
ああ、この人はもうそこまで頑張った結果の結論なのだとしたら楽になりたいよねって気持ちがわかってしまうから、下手に止められない。
「生きていたらいいことあるよ」なんて言えない。こんなにも無責任な言葉は無いなと思う。
だってその人の人生の責任を取ってあげることもできないし。
もう疲れたんだよね、ってわかってしまう以上何が正解かわからない。
止めることはただのエゴだ。
私が「死ぬな」と言える相手はきっと、何が何でもお前からは離れてやらねぇからなと心に決めた相手だけだ。
一緒に泥水すら啜ってもいいと覚悟できる相手にしかやっぱり言えない。
そりゃあ死んでほしくはないけれど、死ぬなと言い切れるほど私も強くないという話。

私は今年が分岐点なのかもしれない。
本当に今後の人生を左右するような。
正直とても悩んでいる。
でも、悩んで悩んで苦しんでこの土地で生きてきたのだし、もういっそ飛び出してしまってもいいんじゃない?っていう思いが強い。
変化が欲しい。目に見える大きな変化。
やってみてどうなるかはまた別の話として、やるだけやってみるのも悪くないよねっていう話。
だって私の人生だから。


追記
相手が努力をどれだけしているかわかっている。けれどまだ伝えきれていない気持ちが溢れ出してしまう。
どうしたらいいものかな、と言葉にした後悩む。
多分、飲み込み続けたら私は本当に壊れてしまう。それは確かなこと。
でも相手の努力も素直にすごいと思うし、敬意を示したいし、力になりたいと思う。
やはり必要なのは歩み寄りですね。人はどこまでいっても歩み寄りが大事な生き物ですね。
前向きな話を出来るならしたいさ。私だってそう思う。けれど、前向きな話をする前にしなければならない話し合いもあるわけで。それは絶対に避けて通れないのだから仕方ない。前向きな話につながるかどうかはそれ次第だ。
暴風雨というか、酷い嵐の中を1人立ち尽くして落とし所を私は必死に探したよ。
今度こそ向き合って話そうよ。前向きな話になるまでとことん。